徳島の不動産に関わるお悩み解決いたします
お知らせ
不動産屋のお仕事~パース作成編~
投稿日:2018年5月30日 category:ブログ

最近は、敷地面積に合わせた大きさのお家のパースを作っています☆

本格的な設計はMr.RINさんにおまかせするので、

それまでのおおまかな間取りを考えていきます。

ただ、それが難しい・・・!!

敷地の向きや、家事動線等を考えたら好きなように各部屋を配置できないし、

階段が大きな場所をとるので、それを考えないと

全然階段入らんやん。。。と残念なことに(T_T)

ある程度考えて、Mr.RINさんに見ていただき、

専門家の目線からアドバイスをいただきます!

すると、ただただ決められた敷地内に部屋を作ればいいのではなく、

さまざまな法律による制限があり、改善しなければいけないところが

たくさん出てきました。

設計士さんたちはもっともっとたくさんのことを考えながら

お家を作っていらっしゃるんですね(~_~;)

たくさんの時間と手間をかけられてできるお家だからこそ、

大切に住んでいかなければなと常々思います。

S__133840899

Writer:Yu-min

 
やさしい建築用語集(41)
投稿日:2018年5月28日 category:ブログ

三和土(たたき)

土に石灰、苦汁(にがり)を混ぜ水を加えて練り、たたき固めた土間の仕上げのことです。

3種類の材料を混ぜ合わせることから「三和土」と書きます。

 

谷(たに)

屋根の下がる勾配面と勾配面がぶつかる部分のことです。この部分に設ける樋を谷樋といいます。

 

ゾーニング(ぞーにんぐ)

建物の間取りを考える場合、ある条件(機能や用途)でエリアを決め、そのエリア毎に大きく配置を決めることです。

パブリック(公的)やプライベート、居室部分と水廻りなど。

 

Writer:Mr.RIN

 
新しい仲間が増えました☆
投稿日:2018年5月25日 category:ブログ , 新着物件

先日から募集していた営業スタッフさん!
見つかりました。ありがとうございました(#^^#)
とっても素敵な仲間が増えました!
そのうちホームページにもアップできそうです。
みなさん今後とも、有限会社オオタニを宜しくお願い致します。
Writer: chacha

 
幸福を呼ぶ音楽(!?)
投稿日:2018年5月23日 category:ブログ
皆さんは占いや風水などを信じますか?
私は基本的には信じません(゜-゜)笑
けど、最近chachaさんが興味本位で、幸福を呼ぶ音楽(どんな音楽やねん)を
かけてみたところ、なんだかオオタニに来て下さるお客様が増えて
事務所内がよりにぎやかになった気がします(@_@!
 
必ずしもすべて音楽のおかげとは言えませんが、
これのおかげで最近良い調子だ☆と前向きな気持ちになれる事は、
なんだか幸せなことだなぁと感じました。
 
取り入れて前向きな気持ちになれるなら、
風水も悪くないかも。。
 
ということで、お家の顔、玄関の風水について調べてみました☆
 
風水では、玄関は「幸運の入り口」と考えられています!
家の中から玄関扉を開けたときに、顔が向いている方向によって
「南向き」「東向き」と判断していきます。

 

 

そでぞれの向きに意味があり、

東向き玄関:朝日をしっかりと浴びて外の世界へと出ることができるため、「発展運」を家に招き入れる吉相

 

南向き玄関:風水的には「美容」や「人気運」に関わる方角で、キラキラしたものや輝くもの(鏡など)と相性がよいとされている

 

西向き玄関:西は交際運に縁があり、この向きに上手に玄関を作ると来客が多く、笑い声の絶えない家庭が築けるといわれている

 

北向き玄関:日が差し込みにくい北の玄関は家全体の印象も暗くなりやすいため、照明は明るいものを選び、インテリアで温かな印象にすると吉

 

こだわり出したらキリがありませんが、
こういったちょっとした知識をお家づくりの参考に
取り入れても面白いですね(*^^)☆
Writer:Yu-min

 

 
やさしい建築用語集(40)
投稿日:2018年5月21日 category:ブログ

上棟(じょうとう)

柱、梁など建物の基本構造を組み上げることを「建て方」呼び、建て方の最終工程で、屋根を支える一番上部の棟が上がることを言います。

また、上棟を行う日に上棟式を行い、大工棟梁が棟木に幣束(へいぐし)を立て、破魔矢を飾ります。

続いて塩、酒、米で四方を清め工事の無事完了を祈ります。

 

スキップフロア(すきっぷふろあ)

高さを半階ずらして設ける床のことです。

集合住宅の場合でエレベーターの停止階を1階から数階おきに設ける共同廊下形式の1つを言うこともあります。

 

Writer:Mr.RIN