徳島の不動産に関わるお悩み解決いたします
お知らせ
やさしい建築用語集(85)
投稿日:2019年4月22日 category:ブログ

立ち上がり(たちあがり)

水平部分から垂直に移行した垂直の部分や、陸屋根の端にあるパラペットなどを壁とは呼ばず立ち上がりと呼ぶ。

壁は天井までつながっているが、立ち上がりは途中までの高さである。

 

Writer:Mr.RI

 
N様邸 外壁工事
投稿日:2019年4月19日 category:ブログ

N様邸の外壁工事が終わりました。

建築をするようになって、一から勉強をし直しています。

基礎工事から完成まで。

大工さんと電気業者さん、水道業者さん、屋根工事業者さん、外壁工事業者さん、

沢山の業者さんの連携があって、家が完成していきます。

過程をじっくりと勉強させてもらっていると今まで以上に愛着が湧いてきます。

人手不足の今、一生懸命働いてくれている姿を見せてくれる人たちに感謝感謝です。

Writer:chacha

 
やさしい建築用語集(84)
投稿日:2019年4月15日 category:ブログ

叩き(仕上げ)(たたき:しあげ)

石やコンクリートの表面を、鑿(のみ)もしくはタガネで叩いて、凸凹にした仕上げ。

叩く鑿の大きさやコンクリートの乾燥度などで、凸凹の調子が変わり、様々な表情になる。

ハツリ仕上げとも言う。

 

Writer:Mr.RIN

 
設計事務所、移転について
投稿日:2019年4月12日 category:ブログ

3年前に開設した設計事務所アトリエRINを移転し、新たな一級建築士事務所として生まれ変わることになりました。

有限会社オオタニから分離し、別の場所で開設されます。

業務は別々になりますが、今後とも両社の応援を宜しくお願い致します。

Writer:chacha

 
やさしい建築用語集(83)
投稿日:2019年4月8日 category:ブログ

三和土(たたき)

石灰と土を混ぜて敷き並べて、丁寧に叩いた仕上げの土間、もしくは叩いた土そのもののこと。

三和土の表面はこげ茶色の土にみえるが、多少の水などでは泥は溶けない。

かつて、農家や民家の土間で使われていた。

コンクリーを打っても土足で歩く室内床を三和土ということもある。

 

Writer:Mr.RIN

 

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >