徳島の不動産に関わるお悩み解決いたします
お知らせ

やさしい建築用語集(65)

投稿日:2018年11月26日

コールテン鋼・耐候性鋼板(こーるてんこう・たいこうせいこうはん)

鋼板の表面に保護性錆(安全錆ともいう)を形成するように設計された鉄合金。

コールテン鋼=耐候性鋼板は、自身から発生する錆自体が被膜となり、錆がそれ以上の腐食を防ぐので、錆止め塗装は不要である。

大気中での適度な乾湿の繰り返しにより、表面に緻密な錆を形成し、緻密な錆が鋼板表面を保護していく。

塗装しなくても、ある程度の錆層を形成してからは酸化が進行しなくなる。

 

Writer:Mr.RIN