徳島の不動産に関わるお悩み解決いたします
お知らせ

やさしい建築用語集(82)

投稿日:2019年4月1日

打診(棒)(打診:ぼう)

金属の棒などで叩いて検査をすることを打診という。

例えば、タイルがコンクリートの躯体に密着しているかどうかとか、モルタルが剥離しているかどうかなど、叩いて検査するケースは多い。

叩いている時の音の違いで浮いていることがわかる。

叩いて検査をするための金属棒を打診棒と呼ぶ。

伸縮して携帯に便利なものが多い。実際は先端の金属部分をタイル面などになぞるように転がして使うことが一般的である。

 

Writer:Mr.RIN